お引越しが決まったら、親切・ていねい・安心がモットーのハトのマークの引越センターへ

0120-191900 お問い合わせ・お見積り依頼はお気軽に!

荷造りMove Simulation

前日までに完了するよう計画を立て、毎日少しずつ荷造りします。当日になっても終わらないと慌てないようにしましょう。

用意しておきたい便利な荷造り用品 用意しておきたい便利な荷造り用品 用意しておきたい便利な荷造り用品

荷造りをする前にこんなものを用意しておくと、荷造りをするのにとても便利です。家に何があるか、足りないものは何かをチェックしてみましょう。

  • 段ボール箱
  • 荷造りテープ
  • 荷造りひも
  • 荷札・ラベル
  • 油性マジック
  • 軍手
  • 新聞紙・緩衝材
  • 大小ビニール袋
  • ボロ布・古毛布
  • 風呂敷
  • ふとん袋
  • ドライバーなど工具類
  • 掃除用具

※荷札・ラベルは市販品で「ワレモノ注意」「すぐ使用」「下積厳禁」などをご用意ください。ハトのマークの引越センターでもお取り扱いしておりますので、お気軽にお問合せください。

荷造りのコツ 荷造りのコツ 荷造りのコツ

1. 普段使わないものから最初に片付ける
季節外れの衣類やお客様用の食器など、普段使わないものから荷造りします。普段使うものを最後にすることで、せっかく荷造りした箱を何度も開けずに済みます。
2. 重いものは小さな箱、軽いものは大きな箱に
食器や本など重いものは小さな箱、衣類などの軽いものは大きな箱にまとめます。箱に詰める時は重いものは下に、軽いものは上に入れると良いです。
3. 箱の重さは一人で持てる程度まで
重いものばかりを1つにまとめると、その荷物を簡単に移動することができなくなってしまいます。スムーズな移動が出来るように、箱の重さは一人で持てる程度にしましょう。
4. ワレモノ注意
食器やびんなどの割れ物は隙間に新聞紙や緩衝材を詰めて、箱の中で動かないように詰めます。箱には「ワレモノ注意」「下積厳禁」など目立つように表示する事も忘れずに。
5. 段ボール以外には布製テープで梱包
段ボール以外の荷物には布製テープなどを使います。こうすると、テープをはがした後に接着部が荷物に残らずにキレイです。
6. 荷物リストをつくろう
荷造りをしながら荷物リストを作成しておくと、お引越し先で荷物の整理をする時とても便利です。
寝具・衣類
  • ふとん
  • ふとん
    軽い順にたたんで重ねた後、ふとん袋をかぶせてひっくり返せばキレイに入ります。鏡や額縁といったワレモノは一緒に入れないようにします。
  • 衣類
  • 衣類
    下着類は下に、ワンピースなどは上に二つ折りにして重ねて入れます。とくに湿気を嫌う着物、毛皮は茶箱を使います。
食器・調理器具
  • びん類
  • びん類
    ビニール袋に入れて、胴に新聞紙を巻いてから、そこに緩衝材を入れた箱に入れます。びんを仕切るように箱にひもをかけ、交差する部分を結んでおくのがコツです。・箱には「ワレモノ注意」の表示をしましょう。
  • 鍋類
  • 鍋類
    鍋と鍋の間に新聞紙など柔らかい緩衝剤をはさみ、大きい順に重ねていきます。
  • 包丁など
  • 包丁など
    厚紙にはさんで布製テープを巻いておきます。台所用品などと一緒に箱に入れるときは、危険のないように注意して入れましょう。
  • 食器類
  • 食器類
    食器と食器の間に緩衝剤を挟んで積み重ねてから包みます。お皿はタテに入れると割れにくく、スプーン類は小さなビニール袋に入れるとそのまま使えて便利です。・箱には「ワレモノ注意」の表示をしましょう。
家電・家具
  • 冷蔵庫
  • 冷蔵庫
    前日に霜取り、水抜きをし、受け皿の水を捨てておきます。新居ではすぐにコンセントを入れずに、30分以上はそのままにしておいてからコンセントを入れてください。
  • 冷蔵庫の食品
  • 冷蔵庫の食品
    緩衝剤などと一緒に箱に入れ、動かないように固定します。フタは閉めずに中が見えるようにしておきましょう。・箱には「ワレモノ注意」の表示をしましょう。
  • 組み立て家具
  • 組み立て家具
    ベットなどの組み立て家具は、運びやすいように分解しておきます。ネジはビニール袋にまとめて入れ、裏側にテープで貼っておきます。
  • 照明器具
  • 照明器具
    緩衝剤などと一緒に箱に入れて動かないように固定します。フタは閉めずに中が見えるようにしておきましょう。・箱には「ワレモノ注意」の表示をしましょう。
  • オーディオ・ビデオ
  • オーディオ・ビデオ
    オーディオやビデオの各配線を取り外すときには、それぞれ配線と接続されていた場所(コネクタ)に荷札などを使って同じ番号をふっておくと後で組み立てるときに楽です。
  • 洗濯機
  • 洗濯機
    お引越しの前日までに水抜きをします。この時、傾けるなどして中の水を完全に出すようにしましょう。ホースは止め具にかけてテープで固定、アースや電気コードは巻いて洗濯槽に入れておきます。
  • 石油ストーブ
  • 石油ストーブ
    中に油を残さないこと。残っている場合はポリ容器に移し替えておきましょう。購入時の箱があればそれに入れておきます。乾電池も忘れずに外してください。
  • 次のものは、引越業者や専門家にご相談ください
  • 大型家具、電化製品、レコード、美術品、貴金属類、骨董品、ペット、盆栽、植木鉢など。

東日本と西日本では、周波数が違います

ご家庭にお届けする電気は、電流といって電気のプラス・マイナスが1秒間に何十回と入れ替わっています。この数が周波数と呼ばれるものです。電気をつくる発電機は、日本では明治時代に輸入されました。当初、関東ではドイツの発電機、関西ではアメリカの発電機を輸入しました。ところが、ドイツは50ヘルツ、アメリカは60ヘルツの発電機だったのです。以来、日本では静岡県の富士川から新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50ヘルツの地区・西側が60ヘルツの地区になっています。

電気機器によっては、周波数が違うと使用出来ない器具もあります。その場合は、新しい器具をご用意しなければならない場合もありますのでご注意ください。なお、お引越しされる地区の周波数がご不明な場合は、お近くの電力会社か電器店にご相談ください。