確認事項

新居へのお引越し前に、ぜひ一度お使いの電気器具をご確認ください。

東日本と西日本では、周波数が違います
ご家庭にお届けする電気は、電流といって電気のプラス・マイナスが1秒間に何十回と入れ替わっています。この数が周波数と呼ばれるものです。電気をつくる発電機は、日本では明治時代に輸入されました。当初、関東ではドイツの発電機、関西ではアメリカの発電機を輸入しました。ところが、ドイツは50ヘルツ、アメリカは60ヘルツの発電機だったのです。以来、日本では静岡県の富士川から新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50ヘルツの地区・西側が60ヘルツの地区になっています。
電気機器によっては、周波数が違うと使用出来ない器具もあります。その場合は、新しい器具をご用意しなければならない場合もありますのでご注意ください。なお、お引越しされる地区の周波数がご不明な場合は、お近くの電力会社か電器店にご相談ください。

周波数の違う地域で使える電気器具・使えない電気器具

電気器具には、50Hzか60Hz、あるいは50Hz/60Hzと表示がされています。50Hz/60Hzの表示があるものは、全国どの地区でも使えます。単独表示のものは、その地区でしか使えません。例えば、50ヘルツの電気式タイマーを60ヘルツの地区で使うと、60分にセットしたものが50分で切れてしまいます。周波数の違う器具をそのまま使うと正常に働かないばかりか、故障してしまうこともあるので注意しましょう。とくにモーターを利用する製品や変圧器を利用する製品は、故障してしまう恐れがございます。

周波数の違いで使えなくなる器具は、部品の交換などが必要です。お引越しの際、電器店などにご相談ください。

契約アンペアを確認しましょう

ご家庭で一度にどれだけの器具を使うか、それによって契約アンペアが変わります。例えば、同時に多くの電気器具を使う夕食時・冷房器具が活躍する夏・複数の暖房器具を使う冬など、お客様が一番電気を使うときを考えて計算してみましょう。

電気器具のアンペア
インバーターエアコン
炊飯器
冷蔵庫(300L)
テレビ(21インチ)
洗濯機(全自動)
掃除機
電子レンジ
電磁調理器
電気カーペット
アイロン
ドライヤー
こたつ

器具の消費電力はワット数で表示されています。100ワットが約1アンペアと考えてください(100ボルトの場合)。
計算すると不足する、または現在よくブレーカーが落ちる場合は、最寄の電力会社に申し出て、契約アンペアを変えてもらってください。


お引越しが決まったら、全国200拠点のハトのマークへ!お見積りは無料インターネットでラクラクお見積りのお申込み。お引越しなら、親切・ていねい・安心がモットーの「ハトのマークの引越センター」へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

お見積り依頼(無料) - より詳しいお見積りはこちらから
オフィス移転
[ハトのマークの引越センター]携帯サイトのご案内
携帯からもハトのマークに簡単アクセス!
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25 - 私たちはチャレンジ25に参加しています。
引越事業者優良認定制度について